お知らせ

cccc

グノキッズのfacebook

xxx
  • 外国に一番近い英会話教室
  • グノキッズのレッスンメソッドPBL
  • ネイティブを中心とした
Team Teaching
  • 子どもが夢中になる楽しい家庭学習
  • 中心になるのはレッスンプランではなく子どもたち
  • 子どもたちを支える先生=メンター

なぜグノキッズで学ぶと英語が自然と話せるようになるの?

その理由は、ネイティブの先生2名がクラスにいて、生の英語のやり取りを体験できるからです

他校とグノキッズの違いー先生が2人いるグノキッズの授業では、生徒一人ひとりとたっぷり会話ができます。授業時間はたっぷり90分!

保護者様の声

友人につい紹介したくなる教室です。 (M.F.様 年少さん)

保護者様息子は、小さなころから英語のフラッシュカードや歌などが大好きで最新の授業を行っているグノキッズに興味があり、体験授業をまず受講しました。レッスンの90分を集中し続けられるか心配でしたが、テーマに沿った取り組みや体を動かすゲームや歌などを通し、自然に英語に触れることができているようでした。

子どもがレッスンにとても満足して、また次も行きたいと言うので、通うことにしました。教室はとてもきれいでカラフルな教材を使い、毎回とてもワクワクするレッスンです。ネイティブスピーカーの先生が2人つくのできめ細かい指導をしていただいています。他にはない楽しいレッスンで、友人につい紹介したくなる教室です。

兄弟で、家でも2人で英語を使って遊んでいます!(A.Y.様 4年生、A.K.様 2年生)

保護者様他に比べて、1回の授業時間が90分と長めで、先生2人がいて先生同士の会話にも触れられるという事が大きな点です。

ほぼ毎日のように予習用ビデオを見て、「今日のビデオは面白かった」「英語にはまった」などと話しています。レッスンが終わると90分という時間の後でも楽しかったという話をしているので、疲れよりもレッスンの楽しさが勝っていると思います。

姉弟で通っているため、家でも2人で英語を使って遊んでいるので、レッスンから英語の楽しさも学んでいると思います。先生との手紙のやりとりができたり、イベント、レッスン前後の触れ合い等、外国人の先生とのコミュニケーションが多くあって、大変満足しています。

保護者様の声ページへ

グノキッズの4つの特色

グノキッズのレッスンメソッドPBL

グノキッズでは、PBLという、いろいろな活動や経験を「プロジェクトに取り組みながら学ぶ」というメソッドを取り入れています。プロジェクトを進めるために、工作など手先を使うさまざまな作業を行います。こうした実体験を通すことで、英語がより身につきやくなるという点がPBLの大きな魅力です。

ネイティブを中心とした
Team Teaching

グノキッズのレッスンは1クラスを2名の先生が指導します。
1クラスの定員は8名ですので、先生1名に対して生徒は4名です。少なすぎず多すぎない人数で「生徒を中心とした一人ひとりに目が行き届くグループレッスン」を行うことができます。

外国に一番近い英会話教室

グノキッズでは、子どもたちに本当の英語を学んでもらうためには、「語学」の力を提供するだけではなく、日本人とは異なる考え方・話し方・人との接し方などの「英語を話す国の文化」そのものを、レッスンを通して提供することが大切だと考えています。

子どもが夢中になる楽しい家庭学習

グノキッズでは、先生が出演する予習復習用オリジナルビデオの配信を中心としたさまざまな教材を提供しています。
実際にクラスを担当する先生が作成しており、子どもたちも楽しみながら学べる内容となっております。

独自のメソッドPBL

PBLは、「いろいろな活動や経験をプロジェクトに取り組みながら学ぶ」ことで
子どもが主体的に学ぶことができる学習法です。
PBLのメソッドの背景には “learn by doing” (経験学習)があります。

PBLは英会話を通して子どもの総合的な発達を促します。PBLの図

▲このページの先頭へ